食べログ(+鍋ログ)
子どもが生まれたので、犬猫はお休み。
鍋と子どもと時々外食日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
うち鍋#015 すごい滋養鍋 20:59
JUGEMテーマ:グルメ
 
うち鍋#015 すごい滋養鍋
(2人前)

魚つみれ 250g
白菜 1/4コ
長ねぎ 2本
にんにく 1コ(1カケではなく!)
しょうが 1/2コ(1/2カケではなく!)
みそ 適量

・まず、翌日外出する予定がないか、入念に確認する。人と会う約束があったら超NG。
・ニンニクとしょうがを大量にすりおろす。だしをひいて味噌を溶いた中に投入。あとは普通の鍋をすればよろしい。
・妻の食事制限の関係でつみれだんごにしたけど、豚肉とかのほうが良いと思う。魚だとニンニクとしょうがに完全に負ける。

妻が風邪気味だとのこと。よっしゃ、じゃあ滋養だろう。滋養?ニンニクとしょうがじゃね?
そんな直感をまったくひねらず表現した鍋。うん、バカだ。まあ、おいしかったけど。

妻に、鍋できたよーという前に「ニンニク、どんくらい入れたと思う?」と聞いたら、
「…2カケくらい?」とか言ってた。

んー、もう言えないよ、そんな8カケも入れたなんて。
翌日ぼくの実家に帰るのに、そんなこと。


正直にニンニクの量を言ったら、
まあ、苦笑いしながらも食べてた。うん、目は笑ってなかった。
やさしい妻ですね。


----------------------------------------------------------------------------------------------
最近の子ども。

うどんがすき。
うどんをみせると、「ちゅるちゅる!ちゅるちゅるね!」といいます。

| うち鍋 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 松嶋ハト -
スポンサーサイト 20:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








大爆笑。にんにく。
奥様の目が笑ってなかったのは
「げげっ、うめーーーーーーーーーっ」と
日頃ではありえないくらいお下品に率直な言葉が
出そうになったからだと拝察いたしますことよ(笑)

でも我が家もね、
なんと水炊きににんにく1個を投入するんです。
ブツ切りを下茹でしたあとじっくり炊きはじめるときに
房に分けたにんにくを一緒に入れて炊くんですね。
すりおろさないので刺激的ではないのですが(笑)
エキスが染み出ていてなんとも味わいの濃いスープに
仕上がります。

夫はエキスが出た後のとろとろにんにくを
黙ってるとぜーんぶ食べちゃいますが
これがね、また美味しかったりして。
ちょっとつぶして鶏肉に伸ばして食べるとね。特にね(涎)

ちなみにこの作り方でのポイントは
鶏肉を30分〜1時間程度(ブツの大きさによります)
ことこと炊いて火を止めたあと
必ず常温になるまで置くこと。
時間がかかることが致命的ですが(笑)
確実にしっとりした肉になってくれますよー。

それはおいておいて
にんにく+生姜というコンビネーションは
味噌と相性抜群ですよね!!
豆鼓をつぶしてプラスするとコクがでますよー。
また、それぞれの器に取ったあと
ヤンニンジャンを添えると、これが、また!!!(笑)

鍋道。奥が深いですね。
ハトさんの飽くなき探究心に感動。
探求好きのヒトって
どんどんキワモノにチャレンジしていく傾向がありますが
ハトさんのバランスは求道者の名にふさわしい
慎みを感じます(おおげさ?いえいえ、率直なところ!)



posted by ばかぴん | 2009/11/11 9:55 PM |
いや実は、もっとストレンジなお鍋が…
(ちゃんぽんのスープを使ってみたらどうだろう、とか。普通にちゃんぽんにしたほ
うが断然うまかったです)

しかし、水炊きににんにくを使うのは初めて聞きました。すんごくおいしそう…
こんどこっそりやってみます!

あと、ヤンニンジャン、初めて聞きました。
調べたら、原材料の配合が間違いないかんじですね。これもこっそり買います!
posted by 松嶋 | 2009/11/12 9:39 PM |
ども、もろてつ@まだまだア○リカだけどそろそろゴールが見えてきた!です。子供はついにつかまり立ちから一人立ちの兆候が見えてきたみたい。

にんにくって、いろいろ便利なのだね。こっちでメインの付け合せに使うサヤインゲンも摺りニンニクで炒めれば香りがでてなかなかいけるし、ポテトのソテーもニンニクと香草でばっちりだし、もちろんイタリアンだとオリーブオイルでローストする匂いだけでも、食欲そそられるよね。

でも、「うまみ」の感覚は日本発なのかな。かめばかむほど、味わえば味わうほどに口の中で変化する感覚ってのは、やっぱり外国だとなかなかないみたい。「うまみ」の逆輸入を生かした新鋭の外国人料理人もいるみたいだけど、大衆の舌を掴むほどの支持は得られるのかなあ。と、野菜やおサカナの「だし」に、にんにくのエキスという「かくし味」でいただく氏の水炊きに、我がDNA、というかそんな大げさなもんではなく我が胃袋に宿る郷里の性を感じてみました。

年末年始はたぶん帰省できんけど、まだナベのウマイ季節に「冬の陣」できればいいなあ。

それでは、おジャマしましたm(__)m
posted by もろてつ | 2009/11/16 6:47 AM |
>もろてつくん
あ、まだ海外でしたか。いや長いね。お疲れ様。
やっぱ海外の食事が長いと、うまみ、懐かしくなるよね。
うちの妻も、たった1カ月のイギリス滞在で、
もう和風だしが恋しくなって、機内食のそばつゆ飲んでたらしいよ。ビバうまみ。

海外じゃ鍋も無理か。
暇になったら、遊びにおいで。鍋でもしよう。
posted by 松嶋 | 2009/11/18 8:15 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tabelog.jugem.cc/trackback/498
<< NEW | TOP | OLD>>